“3D HYBRID COAT” by KAISERJP

“3D HYBRID COAT” by KAISERJP

それは職人目線での「長期耐久」に対する現時点での最適解

  • 超撥水
  • 無溶剤
  • 三次元骨格と柔軟性

超撥水-hydrophobic-

車両オーナーが非常に喜ぶ超撥水性能。カーディテイリングの観点からは水滴痕(シリカスケール)の原因となることから敬遠されがちですが、3D HYBRID COATは独自構造によってこれを大きく抑える事が可能です。

続きはこちら

無溶剤 -Solvent Free-

施工性を向上させる為に不可欠なのが有機溶剤。塗装との密着を上げる為、乾燥までの多くのガラスコーティングに含有されています。しかしこの有機溶剤は多くのデメリットも持ち合わせています。3D HYBRID COATにはシンナーやキシレンといった有機溶剤を含んでいません。

続きはこちら

三次元骨格と柔軟性 -3D Frame and Flexibility-

<Si-O-Si>シロキサン結合は石英ガラスの骨格と同じで高い保護性能を誇ります。さらに3D HYBRID COATでは複雑な三次元構造の皮膜を持っています。
さらに、近年では硬度を重視したガラスコーティングも散見しますが、硬ければよいというものではありません。「柔よく剛を制す」という諺があるように、敢えて硬度を上げずに車体を保護する理由が存在するのです。

続きはこちら

KAISERJPとは

KAISERJPとはメーカーではなく、複数のカーディテイリング企業からなるブランドです。
メーカーからの一方的な提案から生まれる商品ではなく、日本という極めて精細な品質を求めらるカーディテイリングの現場から生まれる「もっと」「さらに」を形にする現場主義ブランドです。マーケット主義ではなく、ニッチでも品質を追い求めたい作業者やエンドユーザーに対して明確な商品展開を行っています。
また、日本を飛び越え海外の特徴的な商品についても積極的に精査し取り込んでいます。また逆に、日本の高品質なKAISERJP製品を海外展開しています。